中国語をペラペラに話し、HSK4級以上の資格を手に入れてビジネスも人生もより豊かになっているあなたを。

本気で中国語をマスターしたい!あなたへ。文部科学省や大手企業で講師を務め20万部の書籍出版と5,000人以上への指導をし米国コロンビア大学教育大学院で研究してきた語学学習のスペシャリストが開発した独自の効率的な中国語習得法であなたも中国語が身につく!

フルーエント中国語通信コース紹介ウェブセミナーフルーエント中国語通信コース紹介ウェブセミナー

フルーエント中国語通信コースのすべてがわかるウェブセミナーをご用意しました。
本ページのご案内と合わせてご覧ください。実際のご受講生の体験談も見ることができます。

ご受講を迷っている方はご利用ください。オンライン無料個別相談会

専任トレーナーシステムであなたを個別にサポート

  • オンライン学習(テキスト、講義や解説の音声)+市販教材で効率的にレベルアップ。
    週に1回、オンラインテキストと音声で、講義を進め、市販教材を使って専任トレーナーのオンライン サポート、 コーチングのもと自主学習し、1年で目標の資格試験(HSK4級~6級)に合格し、会話をマスターします。
  • 中国語を話せる日本人による専任トレーナーシステム。語学は続けてこそ身につくもの。
    専任トレーナーが個人のレベルに合わせて2人3脚であなたの「頑張る」をサポートします。

だから、HSKや中国語検定に合格し話せるようになる!

長谷川 里佳さん

長谷川 里佳さん
【主婦/女性】

短期間でのHSK最上級(6級)合格に自分でも驚き

中国語が聞けるようになり、中国人と自然にコミュニケーションが取れるようになりました。
発音もネイティブにほめられることが多いです。

文法もしっかり教えてもらえたので文章の理解もしやすくなりました。
また、自分たちのレベルに合わせた学習方法を教えていただいたので迷うことなく
効率的に学習できました。

ゼロからのスタートで、子育てをしながらの限られた学習時間にも関わらず、
短期間でHSK最上級の6級に合格したことには自分でも驚いています。

中国語の学習経験がある方からも、短期間での伸びやHSK合格、そして発音の良さに驚かれます。
フルーエントを選んで本当に正解でした。

そして

HSK最難度の6級合格を目指す! 1年で4級までは完全合格保証

中国語検定HSK4級 完全合格保証

HSKとは?

HSK(漢語水平考試)とは中国政府公認の中国語検定です。「中国語版TOEIC」といえば分かりやすいかもしれません。
日本・中国での就職・転職はもちろん、留学などにも使える、中国語では世界で最も有用な資格です。

1級から始まり最上級が6級なのですが、フルーエントではしっかりとカリキュラムに沿って学習に取り組んで頂ければ、
忙しいビジネスマンでも0から1年間で中・上級の4級(比較的流暢に会話ができるレベル)を取得できる中国語スキルを身につけて頂けます。

HSK試験の画像

引用元:HSK各種レベル一覧(http://www.hskj.jp/level/index.html)

フルーエントご受講生 HSK合格率「95.3%」
(1級~6級・スクール創設からの累計)

フルーエント創設以来、1,000人以上がHSK試験を受験。
初級の1級から最上級の6級までの合格率は、累計「95.3%」という驚異的な結果が出ています。

その秘訣は、発音トレーニング、基礎を徹底的に学び、試験対策で総合力を磨いていく独自のカリキュラムにあります。
あなたもフルーエント式で学ぶと、資格の合格と同時に中国語会話もできるようになるでしょう。このような「検定試験を利用する」仕組みにより、短期間で効率よく中国語が身につくのです。

フルーエント式中国語勉強法の開発者 三宅裕之プロフィール

三宅 裕之 HSK・中国語検定合格&中国語発音スクール「フルーエント中国語学院」学長 シナジープラス株式会社代表取締役

国内外30万部を超える書籍出版、5,000人以上の指導経験、
文部科学省にて5年連続の講義実績を持つ語学とコミュニケーション力の
開発プロフェッショナルトレーナー

早稲田大学商学部在学中に、中国財経大学にて中国語を学ぶ。
完全にゼロからのスタートから、4ヶ月で中国語の大学入学レベル、
9ヶ月で大学院入学レベルに到達。

大学卒業後、ベネッセコーポレーションにて、中国語検定開発などを行った後、
株式会社ジャパンビジネスラボ代表取締役に就任。2004年より米国コロンビア大学大学院にて、
多文化多言語教育を研究。

帰国後、シナジープラス株式会社を設立。「フルーエント中国語学院」「バイリンガルズ英語学院」を開校し、
語学だけでなく、コミュニケーション能力そのものを上げていく指導を行う。

2011年、中国蘇州にて諧楽吉教育諮詢有限公司を設立。中国人・日本人への異文化リーダーシップ教育、
日本人向け中国語教育などを展開している。

現在は日本、中国、シンガポールで教育会社を経営。

書籍

累計20万部突破の「やる気」シリーズ!
  • 「HSK・中国語検定 最強の学習法」(KADOKAWA/中経出版)
  • 「いつでもやる気の英語勉強法」(日本実業出版社)
  • 「英語は5分を完璧にしろ!」(フォレスト出版)
  • 「毎朝1分で人生は変わる」(サンマーク出版)

新教育プログラム導入企業

TOYOTA、パナソニック、三井住友銀行、野村総研、富士通、川崎重工、文部科学省、厚生労働省、など多数

新聞・雑誌掲載、テレビ・ラジオ出演

テレビ東京、TBSラジオ、日経新聞、日経ビジネスアソシエ、サンデー毎日、SPAなど多数

講演活動

主催団体:日経新聞、ダイヤモンド、リクルート、早稲田大学、関西学院大学、愛知県専修学校各種学校連合会など

こんにちは、三宅裕之と申します。この度は、フルーエント中国語通信コースに興味を持っていただいてありがとうございます。今、このページをご覧になっているあなたはこのように思っているのではないでしょうか。「今は全く話せないけどこれから中国語を学びたい」「HSK・中国語検定に合格したい」 「中国語を使ってビジネスの可能性を広げたい」「中国語を通じて人生 の可能性を広げたい」 「もっと正しい発音を学びたい」「中国人に発音が通じない」「中国語をすでに勉強しているけど、なかなか上達しない」 など

私もあなた同様に「中国」に魅力を感じ、
現在は中国の蘇州にビジネスの拠点を移しました。

そして、大手日系企業の中国人、日本人に向けて、
リーダーシップ、 コミュニケーション、異文化マネージメント、
異文化リーダーシップ研修を行っています。
実際の講義は中国語で行うことがほとんどです。

中国本土でビジネスをすればするほど、
そして現地の情報を得れば得るほど実感していることがあります。

それは、日本人にとって今以上に「中国語」を学ぶ事のメリット、
そして学ばないデメリットが顕著になってきた、ということです。

ですから、もし、本気で中国語を習得したいのであれば、
このフルーエント中国語通信コースをぜひ受講してください。

語学スクールや教材ではなかなか語学習得が出来ないことには、 明確な理由があり、
フルーエント中国語通信コースでは その習得できない原因をすべて取り除いているからです。

また、詳しくは後程お伝えしますが、
日本人にとってどの言語を習得するよりも中国語は簡単に習得することができます。

ですので、最後までじっくりと読んでくださいね。

なぜ日本人こそ中国語を身につけるべきか?
3つの理由

近年、「中国語を身につけたい!」と考える日本人が急激に増えてきています。
そして、あなたもその一人かと思います。

私自身、現在中国とシンガポール、日本を拠点にビジネスを展開していますが、
日本人が中国語を身につける重要性は、年々高まっていると実感しています。

そして、もし少しでも中国語に興味があるなら、今すぐ学習を始めてください。
その理由は大きく分けて3つあります。

今すぐ始めるべき理由その1

人口14億人、世界2位のGDPの
マーケットチャンスをものにできる

中国人口の画像

中国語を身につけると、人口約14億人、GDP世界第2位という中国の巨大なマーケットを相手に、活躍できるようになります。

近年、アジアでの人材流動化が進み、日中の交流も盛んになりました。日本企業の中国進出では、製造業だけでなく、サービス業などあらゆる業種の方が活躍しています。
中国系企業を見ると、まるで中国のサッカーチームが高い報酬で有名選手を雇用するように、報酬が日系企業よりも高くなるケースも増えました。

一方、国内を見ると、2019年の訪日中国人の人数は約959万人に増加、中国人による旅行中の消費額は1兆円を突破しました。

しかしながら2020年、コロナ時代に突入し、国境を越えることが不自由になり、ライフスタイルが劇的に変化しています。世界では、協調と対立の両方が起こるようになりました。国家間では対立がありながら、個人同士ではオンライン化の普及によって圧倒的に繋がりやすい世の中になりました。

ニューノーマル時代、オンラインツールや自動翻訳が発達するなら、「中国語は学ばなくていい」のでしょうか。

私は、全く逆で「中国語は学ぶべきだ」と断言します。中国語人材がますます必要になることは間違いありません。

なぜなら、今後WEB会議が身近になり、中国人とのオンラインでビジネスや交流の機会が増えるので、少しでも中国語がわかると信頼関係を築くことができ、圧倒的に有利だからです。逆に全く言語がわからないと、各種ツールや翻訳機能さえも使いこなせず、仕事が進まないケースも多いでしょう。

では具体的に、中国語を身につけると、どんな未来が待っているのでしょうか。
フルーエントでは、中国語を習得するカリキュラムの中で、将来のキャリアデザインもしっかり行ないます。昇進、転職、起業、留学、結婚など人生を大きく変えるご受講生が多い講座です。

今すぐ始めるべき理由その2

漢字を理解する日本人にとって
圧倒的に有利な語学だから

新聞の画像

そしてこれだけのマーケットチャンスがあるからこそ、
世界中の人たちがこぞって中国語の習得に熱を上げています。

でも、彼らにとって中国語習得の大きな壁が「漢字」なのです。
一方、漢字文化の日本人にとって中国語はすんなりと理解しやすいのです。

※英語の場合には、オランダ人やドイツ人は 日本人の3倍の効率で
英語を習得するというデータがあります。

例えば、HSKの試験で言うと、
上級に合格できるのは90%以上が日本人か韓国人です。この利点を活かさない手はありません。

英語が苦手だったような方でも中国語は十分に伸びる可能性が高いのです。

今すぐ始めるべき理由その3

英語よりも差がつきやすい言語だから

コミュニケーションの写真

英語は、話せる人がたくさんいるのに対し、
中国語ができる人はまだまだ限られています。

おそらくあなたの周りにも、英語は話せる人はいても、
中国語を話せる人は少ないのではないでしょうか?

限られているのにも関わらず、企業の中国語人材へのニー ズは
非常に高まっているため、中国語ができる人にとっては、
転職やステップアップも容易になっています。

そして特に、若者ほど英語ではなく中国語を身につけたほうが良いと思います。
前述のように、日本人の感覚を持って中国語を武器として使える日本人は
圧倒的に不足しています。

だからこそ「中国語を話せる」ことを強みに、
就職活動、転職活動をされることを強くお勧めします。

しかし、、、多くの方は英語習得同様に、なかなか語学が身につかず、
頓挫してしまうケースが少なくありません。

一般的なスクールや通信教育で中国語が身につかない理由

私はこれまで述べ5,000人を超える受講生に中国語や英語の語学習得を指導してきましたが、
一般的なスクールや通信教育で「語学が身につかない」理由は99%、この5つが原因なのです。それは…

発音学習で挫折する

中国人(ネイティブ)のみの講師陣

効率的な学習方法を教えてもらえない

モティベーションが続かない

絶対的な学習量の不足

これから詳しく解説していきますが、世の中にあふれる
「聞き流すだけ…」「ネイティブとマンツーマンで…」「単語を覚えれば…」「1日15分で楽しく勉強せず…」
と言った学習教材やスクールには、この5つのいずれかが問題があったり、
残念な場合は5つ全ての問題を抱えています。では、それぞれ解説していきます。

一般的なスクールや通信教育で
中国語が身につかない理由その1

発音学習で挫折する

クリティカルピリオドの図

中国語に限らず、世の中には、
「聞くだけで~」といった安易な教材や教室等があふれています。

しかし、語学学習には「クリティカルピリオド」(臨界期説)
と呼ばれるものがあります。

10歳から12歳くらいからは、
体験して語学習得する能力が衰えるというものです。

私たち大人は、既に体感的習得力が低くなっていますので、
ただ聴いていたり、ネイティブと交流するだけでは外国語を習得できないのです。

ただ、逆に論理的思考力を利用すれば、
大人は子供よりもずっと早く中国語を習得することが可能です。

更に、語学習得には単語、発音、文法など様々なことを習得する必要がありますが、
こと中国語に関して最も重要なのは、

発音

なのです。
下記、解説もしていきますが、約7万回再生されている以下の動画もぜひご覧ください。

音程が変わるだけで意味が全く違う

ご存知かもしれませんが、中国語には「声調」という4種類の音程の変化があります。

声調の図

上記の再生ボタンをクリックすると実際の音声を聴くことができますので、 是非聞いてみてください。
「ma」という音を4つの声調で発音していますが、違いがお分かり頂けましたか?
そして、同じ「ma」という言葉ですが、声調が変わるだけでそれぞれ全く違った意味になってしまうのです。

第一声 お母さん
第二声 アサ
第三声
第四声 ǎ 罵る
第一声 お母さん 第三声
第ニ声 アサ 第四声 罵る

発音が変わるだけで、このように漢字も意味も全く違うものになってしまいます。
ただ、この4つの声調は、ひとつひとつはできるようになる人がほとんどです。

では、なぜそれでも会話になると声調がずれてしまうのでしょうか。

それは、4つの声調をマスターしたら、
「2つ以上の声調を組み合わせた発音」を身につける必要があるからです。

これは計20パターンあり、このパターンさえマスターすれば声調で間違うことはなくなります。

声調の組み合わせ
第一声+ 第ニ声+ 第三声+ 第四声+
⑴māmā ⑴mámā ⑴mǎmā ⑴màmā
⑵māmá ⑵mámá ⑵mǎmá ⑵màmá
⑶māmǎ ⑶mámǎ ⑶mǎmǎ ⑶màmǎ
⑷māmà ⑷mámà ⑷mǎmà ⑷màmà
(軽)māma (軽)máma (軽)mǎma (軽)màma

ですから、中国語の習得において、
「4つの声調」と「20つの声調の組み合わせ」、合計24つの発音方法をものにすることで、
文章中や会話中のあらゆる声調の組み合わせに対応できます。

この「声調」をマスターしてからは、
母音と子音の組み合わせの「ピンイン表」をマスターしていく必要があります。
日本語の50音のようなものです。合計400近くの音があります。

ですから、まずは単語を暗記するより、文法を覚えるより何よりも、
「声調」と「ピンイン」の【発音】を徹底的にトレーニングすることが大事なのです。

ですが、この発音・声調の学習の部分で挫折してしまう方は少なくありません。

もしくは、発音のトレーニングを十分にせず、不完全な発音のまま単語を覚えたり、
文法を覚えたりしても、上記で説明したように発音が変わるだけで意味がガラッと変わってしまうので、
「相手に通じないし、相手の言っていることも理解が出来ない」状況になってしまいます。

逆にいえば、この発音を最初に徹底的にトレーニングしてマスターしてしまえば、
中国語はほぼ攻略したと言っても過言ではありません。

フルーエント中国語通信コースでは、中国人講師の発音を聞き、
日本語による論理的な解説で理解してから、さらに日本人トレーナーによる
発音チェックを受けられる仕組みを作っています。

なぜ日本人トレーナーのチェックなのか?
それは、中国人は正しい発音の見本を見せることはできても、その解説ができないからです。
大人の発音学習指導には、特に初期の段階において日本人トレーナーの存在が極めて重要になります。

一般的なスクールや通信教育で
中国語が身につかない理由その2

中国人(ネイティブ)だけの講師陣

中国人ネイティブ講師の写真

「え、なんでダメなんですか?」と思われたかもしれませんが、
中国語でも、英語でもネイティブスピーカーの方たちは、
話すことはもちろん得意ですが、教えるプロではないからです。

発音を出すときの具体的な口の動きや、文法などを
日本語で論理的に説明する事はできません。

先ほどもご説明しましたが、大人になると語学は
論理的に学習したほうが効率的です。
ですから、語学習得も日本語で論理的に学ぶ事が習得最短の近道です。

フルーエント中国語通信コースでは、ネイティブの発音見本を聞き、
日本人トレーナーから、発音の修正方法、学習方法の指導や学習のマネージメント、などを
受ける仕組みを作っています。

一般的なスクールや通信教育で
中国語が身につかない理由その3

効率的な学習方法を教えてもらえない

写真

一般的なスクールでは、実際に会話をしてみたり、
問題を解いてみたりはしますが、具体的な学習方法は教えてもらえません。

スポーツに例えるならば、楽しい練習試合ばかりをやり、
地道だけど効果的なトレーニング方法を教えてもらっていない状態です。

だから、自宅でどのように学習をしていけばもっとも効率的に
中国語を習得できるのかを知らず、ただやみくもに暗記したり、
発音練習をしたりしてしまい、結局身につかないのです。

フルーエント中国語通信コースでは、
日本人トレーナーのわかりやすい解説で効果的な学習方法を指導していきます。

一般的なスクールや通信教育で中国語が身につかない理由その4

モティベーションが続かない

写真

続ければ必ず成果の上がる学習教材を買ったとしても、
1週間もすれば学ばなくなる。 いや、1週間はまだ良い方かもしれません。

買ったはいいが、1度もやらずにそのまま押入れに入ってしまう…。
そんな経験はないでしょうか?

たとえ素晴らしい教材やスクールに出会ったとしても、
学習へのモチベーションが続かなければ、語学は身につきません。
大切なのは、いかに学習を継続できるかです。

フルーエント中国語通信コースでは、学習報告のシステムと専任トレーナーシステムにより、
心地よいプレッシャーと安心のサポートの元、学習が継続できる仕組みを作っています。

一般的なスクールや通信教育で
中国語が身につかない理由その5

学習量の不足、バランスの欠如

アンバランスの図

たとえ学習の意欲が高く、継続して学び続けたとしても、
毎日の学習時間やそもそもの学習内容のバランスが悪ければ、
語学は身につきません。

そして残念ながら、多くの語学学習教材やスクールは
「インプット学習」か「アウトプット学習」に偏ったバランスの悪い、
語学学習のカリキュラムになっています。

例えば、いくら文法や単語を膨大に勉強していたとしても、
確かに中国語で書かれた新聞などは読めるかもしれませんが、
目の前に中国人が来たら話せないかもしれません。

それは、アウトプットをするトレーニングが
決定的に欠如していることが原因です。

では、一方、ネイティブの中国人と会話ができるスクールに通っても
なかなか伸びないのはなぜでしょうか?

考えてみれば当然です。そのような会話スクールは1週間に一度か二度、
たった40分くらいのレッスン。しかもそのうち自分が話している時間は
極めて少ないのが現状です。

あなたの周りにも、その語学が好きでモチベーション高く、
10年以上もスクールに通っているのに、なかなか習得できない、
そんな方いませんか?

マンツーマンでさえ、自分が中国語を口に出している時間は
通常10分もありません。これでは、アウトプットの量が全く足りません。

何より、これだけ短い時間だと中国語習得に最も重要な
「発音」のレクチャーを受ける時間は到底ありません。

フルーエント中国語通信コースでは、
在宅学習の学習時間の増大と効率化を徹底して行います。

その中で、資格試験合格と会話の両方を目指すことにより、
インプットとアウトプットをバランスよく行っていきます。
なので、本当に使える中国語力が身につくのです。

いかがでしょうか?

中国語に限らず、何か語学を習得しようとした時に、
上記のいずれかもしくはすべての壁にほぼ必ずぶつかります。

フルーエントでは、身につかない理由を
独自の5つの学習システムで解決します。
だから話せるようになり、資格試験にも受かるのです…。

話せるようになる理由その1

通信講座では画期的な専任の日本人と
中国人によるバイリンガルコーチングシステム !

通信講座最大の弱点は、「そもそもやらなくなってしまうこと」ではないでしょうか?

それは、通信講座はどうしても孤独な学習スタイルになってしまうからなのですが、
フルーエントではあなた専任の日本人トレーナーをつけて二人三脚でトレーニングをすることで
学習を継続させるシステムを導入しました。

具体的にこのトレーナーシステムでは…

  • 受講生のカルテ作成
  • チャットによる学習報告
  • ※学習報告がない場合はトレーナーから連絡が行きます。

  • 音声ファイルによる発音チェック
  • ライティングの添削指導
  • 毎週1回トレーナーとのチャットでの質疑応答
  • 毎週1回トレーナーからのフォローチャット
  • 効率的な学習パターンを習慣化する
    「学習ノート」 の書き方指導
  • 毎月1回の課題提出とフィードバック
  • 学習コーチング(スカイプ、ZOOM)

といったサポートの中であなたの行動管理を行い、
毎日の学習を習慣化させていきます。

また、オンラインシステムには、もちろん中国人講師による発音の見本などもしっかり入っています。
フルーエントでは、日本人トレーナーと中国人講師による、「バイリンガルコーチングシステム」
を採用しています。

学長三宅裕之以外のトレーナーのご紹介

杉山 千春  フルーエント中国語発音学院 チーフトレーナー

千葉明徳短期大学卒業後、総合家電メーカー勤務。
管理業務、商品プロモーション、営業支援、
店頭販売促進等様々な経験を通しコミュニケーションの在り方に関心を持つ。

家族の中国赴任に伴い、蘇州にて最初の中国生活を始める。
2年間の滞在で、中国文化に触れ、多様性と勢いのある活気に魅了される。

帰国後は社会人向けパソコンスクール講師として3年間勤務。
その後再び蘇州へ移る機会を得て、さらに5年間滞在する。

合計7年にわたる中国・蘇州での滞在期間の中で、
生活に必須と考えて中国語の学習を始める。
滞在期間中、蘇州大学にて基礎から体系的な講義を継続して受講。

帰国前に中国語政府公認の中国語検定である、
HSK6級に合格。

大人になってから中国語学習をスタートしたという経験と、
HSKなどの中国語検定受験経験を活かし、初めての方にも分かりやすく、
発音向上と新HSK資格取得をサポートします。

取得資格

  • 新漢語水平試験(新HSK)6級
  • 日本中国語検定協会 中国語検定2級
中国人講師のご紹介

??(Zou Ying/ゾウ イン)フルーエント中国語学院 ネイティブ講師

中華人民共和国・大連出身。14歳で中国より来日。
以来日本で過ごし、東京外国語大学言語文化学部中国語科に入学。

在学1年次には、学内の選抜試験に合格をし3,4年次生と共に
中国語研究の講義を受ける。同大学教授が主催する
中国語研究会にも参画をし、発音指導にも従事。

中国語・日本語共に語学に関する探究心も強く、
ゼロから身につけた日本語の経験は、
日本語と中国語の違いを深く認識する事に繋がる。

その経験から、日本語・中国語の発音の違いを
わかりやすく指導することを強みとする。

自身も北東部の大連出身のため、非常にきれいな中国語の発音をする。
中国語・日本語がどちらも母国語レベルのパーフェクトバイリンガル講師。

話せるようになる理由その2

大人に合った論理的学習×徹底的な発音学習で
効率的な習得が可能に!

クリティカルピリオドの図

先ほど、12歳を境に体感的習得力は落ちはじめ、
論理的理解力が上がり始めるというお話をしました。

つまり、「話すだけ」「聞き流すだけ」等、
体感覚的な習得法は、決して身につかないとは言いませんが、
大人にとって非常に非効率的です。

ですからフルーエントでは、論理的な学習法を取り入れています。

例えば、中国語は前述のように、「発音が命」です。
ですから、発音を中途半端に身につけないために
徹底的に学ぶわけですが、

イメージで覚える中国語の声調の図

大切なのは、
発音を中国人(ネイティブ)からだけで
学んではいけないということなのです。

何故だか分かりますか?
ネイティブは当然正しい発音はできますが、
発音の仕方を説明できないからです。

あなたは、「お」と「を」の発音の違いを論理的に説明できますか?
比較的単純な発音しかない日本語ですら、
なかなか難しいのではないでしょうか?

口の形や舌の位置などは、
日本人で中国語を話せる講師やトレーナーから
論理的に教えてもらうのが大人にとっては最も効率的なのです。

ですからフルーエントは、
前述した「日本人による専任トレーナーシステム」を
導入しているのです。

話せるようになる理由その3

フルーエントでは「読む、書く、聞く、話す」の
総合力を底上げするために、以下のような
ピラミッド方式でカリキュラムを作っています。

ピラミッド方式カリキュラムの図

お分かりでしょうか? 中国語の習得に最も必要だとお伝えしてきた「発音」はもちろん重要ですが、
実は語学習得を効率的に行うためには上記の表で言う「土台作り」が大切です。

フルーエントでは、この土台づくりも大切にしています。
例えば、外国語を学ぶ事に対してそもそも苦手意識を持っている方は少なくありません。
あなたももしかしたらお持ちかもしれませんね。

そして、この「苦手意識」が新しいスキルの習得に大きな心理的な壁となってしまい、
本来身につくものも身につかなくさせています。

ですから、心理学、脳科学の側面から、苦手意識を克服して楽しく学習できる体質
(土台)作りをまずすることが重要です。

この土台作りが出来れば、中国語はもちろんその他言語の習得も容易になります。

話せるようになる理由その4

HSK・中国語検定合格を目指し、だからこそ
会話もできるようになる学習カリキュラム !

フルーエント中国語通信コースのポイントは、
徹底した発音学習とシャドーイングを中心にして、 口を鍛えていくことです。

このプロセスにより、会話力を磨いていきます。
ただ、語学には「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能があります。

この4技能を総合的に高めてことが、本当に使える中国語には不可欠です。
そのためには、HSKや中国語検定の資格試験の合格を目指していくことが効率的です。

「聞く」「読む」は、インプット学習、「話す」「書く」はアウトプット学習です。
フルーエントは、資格試験合格を目標としてしっかりとした
「聞く」「読む」のインプット学習を行い、また、発音とシャドーイング練習を通じて、
「話す」「書く」はアウトプット学習を行っていきます。 よって、総合力を培いながらも、
きちんと話せるようになるのです。

「ちょっとした会話しかできない」または逆に「資格はあるけど発音は悪いし話せない」
そんな状態は絶対に作りません。

資格もあるし、きちんと話せる。そんな中国語マスターを目指していきます。
1年で、中国語の検定HSK4級〜最上級6級合格を目指し、同時に上級レベルの会話力を習得します。

話せるようになる理由その5

学習時間の確保と復習による定着

エビングハウスの忘却曲線

何か新しいことを習得するためには、
学んだ事を脳に定着させる必要がありますが、
私たちは1時間後には新しく学んだ事を忘れてしまい、
24時間後には8割近く忘れてしまう、と言われています。
(エビングハウスの忘却曲線)

ですから、マンツーマンのスクールであろうが、留学であろうが、
そもそも毎日の学習量が少なければ、
残念ながら決して身につかないのです。

フルーエントではしっかりと学習時間の確保をして頂くために、
あなた専用の「学習カルテ」の作成のうえ、6つの学習レベル、
合計72の学習ステップを用意しています。

それぞれのステップで具体的に何を勉強すれば良いのか?
何をトレーニングすれば良いのか?が明確に分かります。
だから、ステップバイステップで成長を実感できるのです。

また、前述のとおり、学習の定着化には復習が欠かせませんが、
フルーエントでは脳科学のアプローチから
「復習を習慣化」する学習システムを導入しています。

フルーエント中国語通信コース
1年間のプログラム内容は…

  • オンライン学習システム
  • マンツーマンの日本人学習トレーナーの元、ご自宅で学習するオンラインシステムです。

  • 教材
  • 市販の教材を活用し、その教材の効果的な使い方や学習予定の立て方と実行方法、
    モティベーションの保ち方などをオンラインテキスト、解説の音声で講義していきます。

  • 受講の仕方・頻度
  • 毎週1回、オンラインテキスト、講義や解説の音声を使って在宅受講します。(1時間程度)
    〝受講日“はご自分で設定いただきます。

  • 学習時間と進捗管理
  • 次の〝受講日“までに課題(宿題)を完了させます。毎回進捗管理のテストがあります。
    日々の学習時間は隙間時間を含め1時間は確保してください。1週間に10時間~15時間が目安です。

  • 学習継続・意欲持続の力「学習報告」
  • チャットでトレーナーに学習報告をします。(最低でも週に1回)

  • コーチング(スカイプ、ZOOM)
  • 日本人トレーナーが学習と発音の指導をします。(予約制)

  • 学習スケジュールはアレンジ可能
  • 以下の図のように、レベル1〜6のカリキュラムが設定されていますが、
    実際の学習計画は、あなたの学習経験やレベルに合わせてアレンジ可能です。

    例えば、すでに中級レベルの方(HSK3級,4級を取得済)、基礎力が身についている場合は、
    中・上級レベルからスタートし、HSK5級,6級取得を目標に学習を進めていただけます。
    担当トレーナーがご希望を伺いますのでご相談ください。

フルーエント中国語通信コースははじめて中国語を学ぶ方に、効率的な段階学習で
「短期間で中国語をマスター」 していただくことを目的とした通信講座です。

レベル1

HSK1級合格と、声調・発音の基礎の徹底

各分野であなたに身につくスキル
発音力 ピンイン、声調を正確に発音できる
聞き取り力 ピンイン、声調を聞き取れる
会話力 挨拶や簡単な自己紹介ができる
文章作成力 主語、動詞、形容詞などで単純な文を作ることが出来る
単語力 HSK1級レベル 150語程度習得

レベル2

HSK2級合格と、発音の筋肉の定着

各分野であなたに身につくスキル
発音力 文章を正確なピンインと声調で読むことができる
聞き取り力 単語、単文の聞き取りができる
会話力 買い物などの簡単な会話ができる
文章作成力 副詞、接続詞なども使って、短文を作ることができる
単語力 HSK2級レベル 200語程度 習得

レベル3

HSK3級合格と、中国語のリズムの習得

各分野であなたに身につくスキル
発音力 文章を正確なピンインと声調で中国語らしいリズムで発音できる
聞き取り力 短文や会話が聞き取れる
会話力 日常のコミュニケーションを簡単な表現で行うことができる
文章作成力 基本的な文法表現を使って、短文や長文を作ることができる
単語力 HSK3級レベル 300語程度 習得

レベル4

HSK4級合格と、日常コミュニケーション

各分野であなたに身につくスキル
発音力 章を漢字を見ながら正確なピンインと声調、リズムで発音できる
聞き取り力 街中で一般に行われるような日常会話が聞き取れる
会話力 日常の一般的なコミュニケーションが普通にできる
文章作成力 基本的な文法を駆使して見解を述べるなどの長文を作成できる
単語力 HSK4級レベル 600語程度習得

レベル5

HSK5級合格と、ビジネス会話

各分野であなたに身につくスキル
発音力 正確にリズムや抑揚も付けてスムーズに発音できる
聞き取り力 TVやラジオなどの簡単な話題のニュースなどが聞き取れる
会話力 ほとんどの日常のコミュニケーションが不自由なくでき、ビジネスもできる
文章作成力 話し言葉、書き言葉を使い分け、長文を作成できる
単語力 HSK5級レベル 1500語程度 習得

レベル6

HSK最上級6級合格と、高度なコミュニケーション

各分野であなたに身につくスキル
発音力 ネイティブスピーカーに近い発音
聞き取り力 少し速い会話も聞き取れ、ニュースもほとんど聞き取れる
会話力 ビジネスで困らない程度の会話ができる
文章作成力 話し言葉、書き言葉の表現を使い分け、長文を作成できる
単語力 HSK6級レベル 3000語程度習得
ご受講を迷っている方はご利用ください。オンライン無料個別相談会

アメリカにおけるバイリンガル研究の第一人者、
ニューヨーク市立大学のガルシア教授より推薦の言葉をいただきました。

「フルーエント中国語学院」と、私達の方法論について、 アメリカのバイリンガル教育の第一人者である
ニューヨーク市立大学のガルシア教授から推薦のメッセージをいただいています。

ガルシア教授は、アメリカのバイリンガル教育の第一人者として活躍して来られた教授です。
コロンビア大学の教育大学院で長年バイリンガル教育の学部長を務め、現在はニューヨーク市立大学でバイリンガル教育学部を立ち上げ、教壇に立っています。

「21世紀におけるバイリンガル教育」(Bilingual Education in the 21st Century)など、多数の著書があります。

「まさに母国語と第二言語の両方の言語と文化の上に
しっかりと根ざしてる手法」

オフィリア・ガルシア教授

フルーエントで行っている方法論は、第二言語としての言語教育に、
母国語でのコーチングを組み合わせた革新的な手法です。
この方法論は、学習者が第二言語を学ぶニーズに応えるだけでなく、
まさに母国語と第二言語の両方の言語と文化の上に
しっかりと根ざしている手法と言えます。

この手法により、第二言語の言語力を上げることはもちろん、
「言語を超えたコミュニケーション能力」も身につけることができます。
そして、21世紀においては、その「言語を超えたコミュニケーション能力」こそが、永続的に言語力を向上し続けることにつながってくるのです。

700万部ベストセラー作家、本田健さんより
推薦のメッセージをいただきました。

「ユダヤ人大富豪の教え」など、累計700万部出版のベストセラー作家、本田健さんにご受講いただき、
推薦のメッセージをいただきました。
フルーエントの通信コースで中国語を学ばれ、上海での講演も成功されています。

「中国語ができると、世界への扉が開かれる!」

推薦者 本田健 さん

今、フルーエントの教材で、毎日中国語を勉強しています。
テキストには、中国語のことだけでなく、自己啓発的なコラムなどもあり、退屈せずに楽しく学んでいます。もうすぐ、6ヶ月のカリキュラムを終えるところですが、少しずつ中国語を話せるようになってきました。
先日、中国の広州で講演したのですが、最初の数分は中国語で挨拶をしました。発音がよかったようで数百人の会場は大いに盛り上がり、拍手喝采でした!思ったより反応がよかったので、もっと中国語を話せるようになりたいというモチベーションがアップしました。
体系的に学んだおかげで、短期間でも通じる中国語が身につきつつあると思っています。
少しだけでも中国語を話すと、中国の人は大喜びしてくれるというのは、本当でしたね。
3年後は、中国語で講演してみたいという密かな夢が出来ました。

中国語ができると、世界への扉が開きます。みなさん、一緒に頑張りましょう!!

単なる語学習得だけではなく、
本質的なコミュニケーション能力も上げていくカリキュラム

現場で実際に使える本質的なコミュニケーション能力があってこその語学力だと考えています。
いくら話せても現場で使えなければ意味がありません。

ですから、フルーエント中国語通信コースでは、語学力だけでなく、
オンラインテキストの中で「交渉力」や「心理学に基づいた異文化コミュニケーションのコツ」などもお伝えしていきます。
私たちは、コミュニケーション教育のプロ集団です。

コミュニケーション教育のプロとしての信頼の証!

文部科学省にて5年連続で官僚の方向けの
コミュニケーショントレーニングをご依頼いただき、
さらに歴代研修で1位の評価を頂きました。

当社が研修を行った、
文部科学省での官僚の方向けコミュニケーション講座において、
歴代一位となる96.2%の満足度評価を頂きました。

わかりやすかった96.2%

>> 研修結果のアンケートはコチラからご覧いただけます。
研修の写真
研修の写真

受講生の声

重本健さん

重本 健さん
【会社員/31才・男性]

仕事をしながら、半年で会話ができ、
1年でHSK6級上位合格

HSK6級証明書

勉強と名がつくものは基礎が大事だと、受験勉強を通して学生時代に痛感しました。その経験から、まずは基礎を勉強しようと考えました。しかし、中国語の基礎を勉強する、と一言に言っても、具体的にどの様に勉強すれば良いか分かりませんでした。

ちょうど悩んでいた時、会社の紹介でフルーエント中国語学院に出会いました。まさに私が知りたかった「どの様に」学習するべきか、を教えてくれる所です。かつ、仕事をしながら限られた時間の中で効率良い学習方法も教えてくれました。

学習の初期段階(スタート~2ヵ月)はひたすらピンインの練習と基礎的なテキストのシャドーイングを行い、3ヵ月目以降から日記を始めました。どの時期まで基礎練習を中心に行うべきか、どの時期から日記など少し幅を広げていくか、など時期についてもフルーエントが指導してくれました。独学のみだと焦ってしまい、ついつい直ぐに次のステップに進んで基礎を疎かにしがちですが、指導のおかげで焦らずに学習の段階をコントロールすることができました。

学習開始半年後には簡単な会話がほぼできる様になってきました。この時期、自分の力を試したくなったこと、また語彙の幅を増やしたくなったため、HSKの最上級6級受験を決めました。受験対策についても、まずフルーエントにアドバイスをもらいました。

結果、HSK6級にトータルスコア219点、受験者数上位30%で上位合格し、学習期間1年強としては満足できる結果を出せました。以上の様に、私が留学経験は無く、かつ仕事をしながら限られた時間の中でHSK6級を7割以上取得できた秘訣は、総じて学習方法が適切であったからです。独学で適切な学習方法を探していれば数年かかってしまったかもしれませんが、フルーエントに教わる事で初期段階に知る事ができました。

私と同じ様に、時間が無い中で中国語の習得を目指す方には、勉強を始める前に、まず「フルーエント」とインターネットで検索することを勧めます。

長谷川 里佳さん

長谷川 里佳さん
【主婦/女性】

短期間でのHSK最上級(6級)合格に自分でも驚き

中国語が聞けるようになり、中国人と自然にコミュニケーションが取れるようになりました。
発音もネイティブにほめられることが多いです。

文法もしっかり教えてもらえたので文章の理解もしやすくなりました。
また、自分たちのレベルに合わせた学習方法を教えていただいたので迷うことなく
効率的に学習できました。

ゼロからのスタートで、子育てをしながらの限られた学習時間にも関わらず、
短期間でHSK最上級の6級に合格したことには自分でも驚いています。

中国語の学習経験がある方からも、短期間での伸びやHSK合格、
そして発音の良さに驚かれます。
フルーエントを選んで本当に正解でした。

滝川 貴昭さん

滝川 貴昭さん
【会社員/男性]

中国語で仕事ができるようになり、HSK5級にも合格!

駐在で上海で働きながら、現地の語学学校に通っていました。職場には日本語が堪能な中国人スタッフがいたのであまり身につかず、2年経っても「聞こえない」「話せない」状況から抜け出せずにいました。
仕事の効率を変えたくて一念発起し、フルーエント通信講座に申し込みました。フルーエントの学習方法は、語学学校と比べものにならないほど効率が良く、とてもわかりやすかったです。

三宅先生やトレーナーさんに、職場のメンバーとの接し方や、語学学校などでの授業の受け方までアドバイスをいただきながら、主に発音を徹底的にトレーニングしました。数ヶ月経つ頃には、徐々に「聞こえる」、さらに言いたいことが少しずつ「話せる」に変わっていることを実感。職場でのコミュニケーションや指示も円滑に進むようになりました。いち営業担当として上海に行った私ですが、営業部長、さらには社長代理にまで昇進することができました。

プライベートでも、現地の友達を作るために自ら街に出掛けるなど、中国語の力で自信を持って、アクティブに動けました。

中国語を使って仕事ができる、生活ができる、いろいろなことを楽しめる…その喜びをフルーエントに教えてもらいました。

深谷 百合子さん

深谷 百合子さん

HSK6級に合格!日中の架け橋になることができました

中国で働きながら語学学校で勉強を始め、基礎をクリアしたところで伸び悩んでいました。そんな時、三宅学長の本「最強の学習法」と出会い、フルーエントを受講。仕事で忙しい日々でしたが、通勤中やお昼休みなどスキマ時間を活用しながら計画的に勉強を進めました。毎日、担当トレーナーさんに学習した内容を報告をし、上手くいかない部分は相談して的確なアドバイスをいただきました。

フルーエントの学習スケジュールに沿って勉強を続けた結果、最高レベルのHSK6級に合格!自信を持って試験にチャレンジできたのは、トレーナーさんの親身なサポートがあったからです。

その後、現地で新しいプロジェクトに参加し、中国語で仕事ができるようになりました。プライベートでは、中国人の方々に生け花を教える機会をいただくなど、交流も楽しんでいます。
今後も日中の架け橋として、新しいチャレンジをしたいと思います。

杵渕 洋美さん

杵渕 洋美さん

中国出張では通訳なしで仕事ができ、上司を驚かせてしまった!

たまたま仕事で中国とご縁があり、プロジェクトのボスに「来年は中国へ行くぞ!」と言われたことがきっかけで、中国語の勉強を始めました。

私は、英語を三宅先生の英語講座「バイリンガルズ」でマスターしていたので、中国語も三宅式でお世話になろうと思い、迷わずフルーエントを受講。日本人プロトレーナーのマンツーマンサポートがとても心強く、挫折しそうな時も励ましてくれました。「トレーナーがいなかったら今の私はいません」と断言できるほどです。仕事と子育ての両立で大変なこともありましたが、ここまで勉強を続けて中国語をマスターできたのは、フルーエントのおかげです。

中国出張では、中国語での自己紹介から始まり、通訳を介さずに仕事を進めることができ、上司と現地スタッフを驚かせてしまいました!

その後、日本で大学院を目指すことになり、外国語の試験は英語ではなく中国語でチャレンジ。入試前もトレーナーにサポートいただき、合格することができました。中国語を学んだことで、想像を超えた人生がスタートしました!

茅野 洋志さん

茅野 洋志さん

中国人に間違えられるほどの発音に!

私は以前の勤務先が免税に特化したドラッグストアで、爆買いツアー客の接客で中国語を喋らざるを得ない状況でした。中国語に対してトラウマを持ってしまうほど辛い日々でしたが、仕事のためにも本格的に中国語を学ぶことを決意。フルーエントのYouTube動画を見て、発音のコツがとてもわかりやすかったので、コースの受講を決めました。

元ゲーマーの私は、今まで長時間ゲームをしていた時間をそのまま中国語に活かして、ゲーム感覚で勉強を楽しめるようになりました。専属のトレーナーさんの丁寧な発音指導を受け、常に私に合った学習法を提案してくれたので、コツコツと勉強を続けられたのです。途中、勉強に行き詰まった時がありましたが、トレーナーさんのコーチングを受けるとすぐにモチベーションが上がりました。

1年間の受講を通して、ネイティブに間違えられるほどの中国語力を得ただけでなく、ポジティブ思考になることができ、人生がガラッと変わりました!

T.Wさん

T.Wさん

半年でHSK4級、8ヶ月でHSK5級を取得!

中国駐在をきっかけに中国語を始めました。しかし初めての海外駐在、中国人の部下とも全くコミュニケーションが取れない、通訳を介さないと会話ができない…慣れない生活で、中国語の勉強に行き詰まっていました。

当時、私の妻が先にフルーエントを受講していまして、驚くことに目の前で妻の発音がぐんぐん上達してネイティブのようになったんです!同じ頃、三宅先生のセミナーに参加し、中国語学習のアドバイスをいただきました。「仕事のためにも、ちゃんと勉強しよう」と受講を決めました。

フルーエントには「中国語が上達する仕組み」があります。特に効果的だったのは「筋トレのような発音練習」。ネイティブの正しい音声を聞きつつ、日本人の先生から発音の仕方を詳しく教えていただき、短期間で発音を習得できました。その後も、スケジュール通りに宿題をこなすことで、程よく追われているような感覚があり、波に乗って勉強を続けられました。

そして受講からわずか8ヶ月で、HSK5級に合格しました!
職場で中国語を自由に使えるようになって、部下が私を慕ってくれるようになり、仕事も上手く行くようになりました。プライベートでも語学力という自分の付加価値がつき、生活全体が豊かになりました。

和田 一路さん

和田 一路さん

語学学校から乗り換えて1年でHSK 6級合格!

仕事で中国担当となり、はじめは某スクールに通って中国語を勉強しましたが、全く上達しませんでした。原因は、中国人講師が日本語を話せることに甘えてしまったこと、中国の出身地が異なる複数の先生から教わったことです。先生によって違う発音だったので、初心者の私は混乱し、時間の無駄になってしまいました。

悩んでいた時にフルーエントを知り、「自習と課題提出、オンラインコーチング」で上達するシステムが忙しい私にぴったりだと感じて申込みました。

中国語の勉強時間は少なくとも「毎週10時間」、隙間時間をフル活用して「20時間」を目標に、1年間コツコツ勉強を続けました。仕事も家族サービスも両立でき、効率よく勉強した結果、当初の目標であった1年で HSK 6級合格を果たすことができました。

中国語を習得した後、仕事で現地とのやり取りがスムーズになっただけでなく、プライベートで中国各地への旅行を実現できました。団体ではなく個人旅行で、トラブル時も中国語で解決でき、とても嬉しかったです。

私は語学学校で失敗しましたが、これから中国語を勉強される方は、やる気さえあればフルーエントで成功できると思います。

Hiroさん

Hiroさん

トレーナーのサポートでゼロからHSK 6級合格!

現在、アメリカからオンラインでフルーエントを受講しています。
きっかけは、中国系企業への転職でした。

私は飽きっぽい性格なので、中国語を続けられるか不安でしたが、毎週トレーナーさんへ勉強した内容を伝える「学習報告システム」があったので、常に勉強しよう!という気持ちになれました。

トレーナーさんはいつも丁寧に返事をくださって、励ましの言葉もいただけます。途中、モチベーションを保つのが大変でしたが、1人のトレーナーさんが専属でサポートいただき、コーチングなどを通して人間関係ができていたので、途中で諦めるわけにはいきません。このように、自然と継続する仕組みがあるフルーエントだから、中国語が続いたのではないかと思います。

ゼロから始めて、1年少しでHSK6級にも合格できました。 大人になって 新しいことを勉強する機会がない中で「2年ちょっとで新しい言語を身につけた」ことが、大きな自信になりました。

現在、HSK 6級8割スコア獲得と口頭試験「HSKK」を目指して、同じトレーナーさんにサポートいただきながら勉強を続けています。

冷岡 美聡さん

冷岡 美聡さん

圧倒的なリスニング力が手に入った!超お得な講座

好きな中国人タレントがきっかけで中国語を始めましたが、独学で身につかなくて悩んでいました。仕事をしながら勉強できる方法を探し、フルーエントを受講しました。

まず、その日に勉強した内容を担当トレーナーさんへメールする「学習報告システム」が効果的でした。義務感が発生するので、自然と勉強を習慣化できましたね。中国語で疑問に思ったこと、自分で調べてもわからないことは、その都度トレーナーさんに質問できます。

トレーナーさんは中国語のプロ講師で、発音指導も素晴らしかったです。間違った発音に対して「舌の位置」「唇の形」など的確なアドバイスをいただき、正しい発音が身につきました。
自分でシャドーイング学習を繰り返したことで、聞き取れる中国語が増え、圧倒的なリスニング力が手に入りました。フルーエントに申込んで「中国語耳」が買えたと考えたら、学費はとてもお得だと思います。

今は社会人入試で大学に進学し、中国語を学んでいます。フルーエントを受講して、想像していなかった新しい人生がスタートし、充実した毎日を送っています。

満尾 真帆さん

満尾 真帆さん
【イベント制作会社勤務
・プロデュース/女性】

徹底した勉強法の指導が効果的

発音を重視する点・勉強方法まで指導して下さるカリキュラムが
自分の望んでいた内容だったので、これだと思い申込みをしました。

発音において、やはり日本人の苦手な部分の特徴を捉えて下さっていると感じました。
発音が身につくとその後の会話文もスムーズに進める事も実感しました。

そしてネイティブのきれいで的確な発音や文法を学べる点もとても良かったと思います。
予想外で良かった事は、学習をしながら、「なぜ中国語を学ぶのか?」などの
意識が高まっていったことです。

私は中国語が全く分からない状態からスタートしましたが、
中国語を学んだことで、人生の楽しみが増えました。
自分の可能性が広がる事を実感できます!

国廣 一斉さん

国廣 一斉さん
【メーカー製造業勤務・
営業/33歳・男性】

発音特化のスクールだから伸びる

中国語を調べるにあたって、特に中国語は発音が重要である事も知り、
発音に特化をしているコースを基準に選びました。

それと勉強するのであれば、
ある程度自分を追い込む環境に身を置く事も大切だと思っていました。

仕事も忙しくどうしても惰性になりがちなので。
その為、刺激を受けられる環境も重視しました。

そこでホームページをみて代表三宅さんをはじめ、
ホームページに書かれているコンセプトや雰囲気に本気を感じました。

受講中は、平均して週に10時間の確保をするように意識をしていました。
これを支えてくれたのが、メールを使った学習報告システムでした。

合間の時間を細かく使って学習量を保つよう意識しましたが、
細かい時間でも学習報告をしてみると1週間でしっかり時間の確保が
出来ているのが分かりました。

何より、トレーナーから返信も来るので、
これが大いに刺激になり、追い込むという意味ではイメージ通りでした。

伸びた点は、発音についてはとにかく口の形を意識し
正しい音が出せるようにかなり近づいたと思います。

想定外で良かった事は、学習方法や学習機材の使い方まで教えてもらえた事です。
学習機材であるICレコーダーもまさにそれに当たります。

あとは、「中国語を学習する」という習慣を自分の生活サイクルで築けたことです。
まずは出張の際に学んだ語学力を発揮したいと思って始めたのですが、
このたび中国駐在も決まりました。

努力して学んでいたのを会社も認めてくれた結果です。
学んだ中国語力を活かして現地でも活躍していきます。

さん

和泉遥さん
【医師/38才・女性】

受講開始から半年でHSK6級取得

フルーエントの受講前に半年間、独学でNHKラジオ中国語での自習、そして、中国人家庭教師と北京語言大学のテキストを用いて勉強しました。しかし、努力の割に伸び悩んでいました。
停滞していた中国語学習が、フルーエントを受講することで一気にスピードアップしたのは、主に以下の2つの理由がありました。

1点目:徹底した発音練習
半年勉強して行き詰まった大きな原因は発音をなおざりにしていたことです。
英語、スペイン語を勉強したことがありますが、中国語における発音の重要性はこれらと全く比較になりません。発音が正確にできないと、4級以上の単語学習の際に知識があやふやになり、リスニングの点数が伸びにくいと思います。
また実生活においても発音の精度をかなり高めないと、中国の方々に言いたいことが全く伝わりません。
受講後は、フルーエントの音源とピンイン表を持ち歩いて毎日隙間時間をフル活用して練習しました。さらに、フルーエント式のシャドーイング法に従って練習を続けました。その結果、ネイティブの方から聞き返されることが少なくなり、発音がきれいと言われるようになりました。最終的なリスニング力の向上にもつながりました。
フルーエントを受講して感じたことは、的確な方法で、自分で練習することの重要性です。

2点目:教材のポテンシャルを最大限引き出す指導
中国語学習が英語学習と大きく違うところは、教材の充実度だと思います。
英語教材は非常に豊富なため各教材の完成度が高く、自習で効果が期待できます。一方、中国語教材は種類が少なく、数種類の教材の良いところをピックアップして使う必要があります。しかし、初心者にとってこの選別は難しい。
フルーエントでは各教材の使い方を含めて指導してもらえるため、短期間で成果を出したい方にとって理にかなった内容でした。

試験前は、仕事もしながら毎日3,4時間学習しました。このモティベーションを保てたのも、「正しい方法で正しい内容をやっている」という絶対的な安心感と、トレーナーとの学習報告システムがあったからでした。努力が形になり、本当にうれしく思っています。

S.Mさん

S.Mさん
【金融業界・管理職
/48歳・男性】

目標のHSKに合格

中国人の同僚と接する機会が度々あり、中国語を話せたら仕事の幅が広がると考えました。
発音については、スタート時点では全く出来なかったのですが
しっかりと身につけることができました。

発音に特化しながら、バイリンガルコーチングで総合力を上げていく
フルーエントのカリキュラムは、中国語をマスターする上で最も大切なポイントを
的確におさえた所が非常に良かったです。

目標としていた級のHSKにも合格できました。
今後も学習を継続していきます。

T.Mさん

T.Mさん
【教育会社勤務
/36才・女性】

HSK6級に合格

講師の学習・コーチング経験が卓越していました。
バイリンガルコーチングの形式が、講義のメリハリ、発音の修正や見本の提示、
添削などに非常に効果がありました。

おかげで、全く初めての中国語に対して、費やした時間が長いとは言えない中で、
HSKの6級に合格することができました。

さらに、短期間で話せるようになったことに自分でも驚いています。
声調も上達し、学習も習慣化することができました。

また、講義や中国語でのスピーチを通じて、自分自身を振り返り、
今後の人生についても考えることができました。

今後も「口語HSK」の高級合格などを目標にフルーエントで継続して学
習していきたいです。

オンライン学習システムで使用するもの

フルーエント中国語 e-ラーニング

フルーエント中国語 e-ラーニング

フルーエント中国語 e-ラーニング

※お申込み後のメールにて、オンライン学習システム(e-ラーニング)をご案内いたします。
DVDやテキストなどの現物をお送りすることはございません。

  1. オリジナルテキスト「中国語ステップアップコース(レベル1~6)」
  2. 講義や解説の音声
  3. 発音練習音声・ピンイン表
  4. HSK試験 過去問
  5. ゼロからの中国語マスター講座&異文化リーダーシップ入門セミナー(特典)

ご自身でご用意いただくもの

  • 当社指定の市販の教材
    (各レベル約2,000円~4,000円程度)
  • 当社推奨のボイスレコーダー

お申込みから受講の流れ

ステップ1
オンライン学習、市販教材などの準備

教材の写真

フルーエント通信コースは、インターネット環境にて世界中どこからでも、好きな時に受講できます。

パソコンでの受講が最も快適ではありますが、タブレットやスマートフォンでの受講も可能です。

市販のテキストについては、お申し込み後にメールで
お伝えしますので、できれば第一回目を学習する前に
そろえておくことをお勧めします。

事務局からメールにて開講までのご案内をいたします。
また担当トレーナーより開講日に通信講座開始のご案内をチャットからお送りしますので必ずご確認ください。


教材の写真

ステップ2
オンラインテキスト&音声受講

オンラインテキストの写真

オンライン学習システム(e-ラーニング)のテキストを使って音声講義を受講します。
約1時間~1時間半です。

<講義音声お試しダウンロード>
こちらからサンプルをダウンロードできます。
fl_kogi_sample


オンラインテキストの写真

ステップ3
隙間時間も生かして学習時間を確保。 
決まったカリキュラムを学習する

ノートの写真

各レベルごとに学習する内容が明確に決められています。

その内容に沿って、隙間時間も活用しながら、学習時間を確保してください。
平日1日1時間、休日もあわせて1週間に
10時間~15時間が目安です。

また、トレーナー宛にチャットから学習報告を送って頂きます。


ノートの写真

ステップ4
発音チェック課題など、毎月の宿題を提出して、専任トレーナーからアドバイスをもらう

チャットの画像

各レベルごとに用意された宿題を
毎月トレーナー宛にお送り頂きます。

必ず提出して、トレーナーからフィードバックや
アドバイスをもらいましょう。


チャットの画像

ステップ5
スカイプ、ZOOMによる
より効率的な学習方法のコーチング

スカイプしている写真

各レベルで教えている事の習熟度や進み具合を元に、
あなたに合った効率的な学習方法を相談しながら、
今後のカリキュラムの進め方を決めていきます。

※スムーズなコーチングを行うため、オンラインコーチングは通常通信環境による影響の少ない通話のみで行います。


スカイプしている写真

ステップ6
次のレベルに進む

ステップアップの図

初級のレベル1,2は8週(約2か月)、中・上級レベル3,4,5は16週(約4か月)で1つのレベルを修了。最上級のレベル6は32週(約8か月)で修了するカリキュラムです。

レベル1からスタートすると、1年間でレベル4(簡単な会話を流暢に話せる・HSK4級レベル)を修了します。学習時間を多く確保できる場合は、1年でレベル5,6に到達することも可能です。

発音や基礎をマスターしている中・上級レベルの方は、レベル3,4からスタートして1年間でレベル6(ビジネスで使える・HSK6級レベル)を目標にしたスケジュールも可能です。

学習スケジュールは、担当トレーナーと相談しながら設定できます。


ステップアップの図

フルーエント中国語通信コースの受講料

フルーエント中国語通信コースのサービス内容をまとめますと

  • 各レベルに合わせて収録された総計24時間50分の音声ファイル
  • 各レベルに合わせて編纂された総計1,821ページのオンラインテキスト
  • 専属トレーナーによる1年間のサポート体制

大人が最も効率よく中国語を習得するためのカリキュラムを3日坊主にならずに
学習し続けられるシステムをご用意しました。

このフルーエント中国語通信コースは、
毎月わずか24,000円の自己投資で、

「今は全く話せないけどこれから中国語を学びたい。」
「発音を一からトレーニングしなおしたい。」
「今回こそは中国語を本当に身につけたい。」
「HSKや中国検定に合格したい。」
「中国人観光客へ対応したい。」
「中国語を武器に年収を上げたい。」
「中国語を使ってビジネスの可能性を広げたい。」
「中国語を通じて人生の可能性を広げたい。」
「日本語の字幕なしで映画が観たい。」
「中国人ともっと仲良くなりたい。」
「中国という国の本当の姿を知りたい。」…etc

私たちが用意したカリキュラムに沿って、
トレーニングをして頂くだけで、その夢を実現する事が出来ます。

1年コース・期間限定
割引キャンペーン


定価378,000円(+消費税)をキャンペーン価格290,000円(+消費税)に。
定価378,000円(+消費税)をキャンペーン価格290,000円(+消費税)に

さらに今なら特典がついています。

フルーエント学長 三宅裕之のセミナー
フルーエント学長 三宅裕之の書籍お試し読み

安心の結果保証
HSK4級に合格できなければ、サポート期間を延長します。

中国語検定HSK4級 完全合格保証

中国語検定HSK4級 完全合格保証

私たちは「中国語でコミュニケーションができる!」という結果にこだわっています。
そして何よりも「中国語を話せるようになりたい!」というあなたの本気に答えたいと思っています。
ですから、HSK4級合格保証をお付けしました。

HSK4級に合格すると、中国語を用いて広範囲の話題について会話ができ、
中国語と母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションを取れるようになるとされています。

例えば、日常会話であれば対面で問題なく会話できたり、
映画であれば字幕なしで大まかなストーリーがわかり、
中国語字幕があれば日本語なしで十分楽しめる、というレベルがHSK4級なのです。

ですから、この通信コースでご提供する1年のカリキュラムに取り組んで頂き、
その後半年以内にHSK4級を受験頂きもし合格できなかった場合は、
その旨を弊社までお教えください。(最低でも週に1度は学習報告をしていただくことが条件になります)

通常は1年で卒業となる専任トレーナーシステムをさらに半年間継続いたします。

「中国語でコミュニケーションができる!」という結果にこだわっているからこそ、
このような結果保証をお付けしました。

保証はHSK4級ですが、目標レベルは最上級の6級、そして何より話せるようになること。
だからこそ、本気で中国語を身につけたい方のみ、お申込みください。

開講日程のご案内

*各クラスお申し込み順 30名様限定
(開講日に関わらず、お申込み後のメールにて「オンライン学習システム」をご案内しますので、すぐに学習をスタートできます)

2021年1月期:2021年1月クラス募集 受付中

トレーナーサポート開始日:2021年1月14日(木)
申込締め切り:2020年12月20日(満席になり次第、締め切ります)

お申込の流れ

お支払方法を以下よりご選択の上、お申込みください。

「クレジット」
JCB、VISA、MASTERCARD、AMEX、Diners
一括払い・12回払い・24回払いに対応しております。

※ご利用のクレジットカードの契約内容により、分割払いに対応できないケースがございます。
その場合は、カード会社様に直接ご連絡いただくようお願いいたします。
※フルーエント中国語学院では分割手数料はいただいておりませんが、ご利用のカード会社様より、分割払い手数料が請求される場合がございます。その点はご了承お願いいたします。
「銀行振込」(事前振込)
銀行振込
お申込み後、料金を下記銀行口座へお振込みください。
弊社にてお振込確認後、メールにてオンライン学習システム(e-ラーニング)をご案内いたします。

※お申込後、3日以内にお願いしております。
(お振込順の定員にて締切をさせていただきます。)
※お振込み手数料はご負担いただきますよう、お願い申し上げます。
なお、銀行振込による分割払いは対応しておりませんのでご了承ください。
みずほ銀行 新宿中央支店
普通預金口座 2875503
シナジープラス株式会社

開講までのご案内

事務局からメールにて開講までのご案内をいたします。

ご相談を受け付けております

何かご不明な点、ご質問などございましたら、
お問い合わせフォームにてお問い合わせください。
フルーエント中国語学院/シナジープラス事務局

中国本土にて中国人向けのリーダーシップ研修も実施
ただの語学学習会社ではなく、日中相互理解のかけ橋として…

三宅裕之

私は今中国の蘇州を拠点に、大手日系企業に向けて、リーダーシップ、
コミュニケーション、異文化マネージメント、異文化リーダーシップも
提供しています。

おかげさまで中国本土で3冊、台湾で1冊の著書も出版することができ、
日中合計で30万部を超えるベストセラーとなりました。

そして、現地でビジネスをしているからこそ、
日本人ビジネスマンとして中国現地の実情を知っている、

ということが他の中国語スクールや
語学会社との決定的な違いだと確信しています。

例えば、日本のメディアで目の当たりにする情報
(良い面悪い面がともに 両極端に報道されてしまう)と
中国の実情と大きくかい離している現実を日々目の当たりにしています。

その結果、中国に対して負のイメージを持ってしまったり、
一方で過度な期待を持ってしまったりしてしまう方が少なくありません。

2030年までに、中国のGDPはアメリカを抜くとも言われているように、
今後日本人がグローバルなビジネス展開をする上でも、
そして何より日本の隣国として一緒に東アジアから世界を盛り上げる同士
「中国」という国は外せないのではないでしょうか?

だからこそ、もっと多くの日本人が中国人とのダイレクトな交流を行うことで、
「中国」という国の実態を知り、個人個人が自分の頭で考え、理にかなった判断、
評価が出来るようになれば、真の相互理解につながり、無理解なままで起こる
衝突や問題が減らせると確信しています。

私たちはただの語学会社を超えたコミュニケーションのプロ集団として、
日中相互のかけ橋として貢献していきたいと考えています。

あなたの受講をお待ちしています。

フルーエント中国語学院 学長

三宅裕之

三宅裕之写真

よくあるご質問(Q&A)

「フルーエント中国語通信コース」全般について

他のスクールとは何が違うのですか。なぜ話せるようになるのですか。
大きく違う点は以下の3つです
  • 日本人トレーナーによる「学習マネージメント」の形式を取っていること。圧倒的に効率的な学習方法をお伝えし、コーチングによって在宅学習のサポートをします。
  • 資格試験も同時に目指すため、単なる日常会話でない、しっかりとした会話力がつくから。会話に最も重要なリスニング力も身に付きます。
  • 聞きながら話す「シャドーイング学習」を徹底し、発音・スピーキング・リスニングを同時に磨いていくこと。

なので確実に結果が出て、話せるようになるのです。また、話す、聞く、読む、書く、すべての技能が高まっていきます。
受講の際、最低限どれくらいの中国語力が必要でしょうか。
未経験の方、中国語力ゼロでも全く問題ありません。発音の基礎から丁寧に説明しますのでご安心ください。
中国語の学習経験がある方は、基礎が身についているかを確認します。発音などに不安がある場合は、しっかりと学び直す形になります。はじめに基礎を徹底することで、後から飛躍的に伸びます。
既に基礎が身についている方、中級レベル以上の方は、ご自身の目標や学習ペースに合わせて、途中のレベルからスタートいただいています。(HSK5,6級を目指すレベルなど)
週にどれくらい自分で学習する必要がありますか?
通勤時間などの隙間時間や休日も含めて、1日最低1時間以上(例:休日は2.3時間、1週間で約10時間)の学習時間を確保していただくのが望ましいですが、通信コースなのでご自分のペースで学習していただけます。学習ペースは、担当トレーナーと相談しながら進められます。
忙しい方は学習時間を短くして、1年ではなく2年でじっくり進めることも可能。(有料で2年目のサポート延長あり)実際のご受講生の中には、途中からペースを落として2年目以降も継続される方も多数いらっしゃいます。また、1年目に試験などの結果を出し、2年目はさらに会話力を磨くといった計画もオススメしています。
中国語を話すことに抵抗があります。
楽しい練習方法や、心理学的なテクニックなども活用して、中国語を話すことのメンタルブロックを完全に取り払います。また、中国語には様々な方言もあります。「完璧な中国語を話す必要はない」ということを知ることも大切なことです。正確さと思い切りの両方を大切にしていきます。
他社でよく見かけるオンライン中国語レッスンとの違いを教えてください。
中国人講師とマンツーマンでレッスンする形式ではありません。 弊社の講座は、オンライン学習システムを使い、オリジナルテキストや講義の音声で基礎から徹底的にトレーニングします。24時間いつでも好きな時に学習できるので、忙しい方でも効率よく中国語が身につきます。
まず発音の基礎から、「口の形」「音の出し方」を論理的に説明します。ネイティブ講師の音声を真似て、練習を繰り返すことで発音を習得。カリキュラムに沿って学習を進めると「中国語を話せるようになり、HSKなどの試験にも合格できる」という講座です。
対面でのオンラインレッスンのメリットは、中国人と話せること。
一方デメリットは
・教師との時間を合わせるため一定の拘束時間が生まれる
・学習方法を教えてもらえない
・簡単な会話のみで成長しない
・暗記などのインプットがない、など。
語学は、週に1、2回、25分程度の会話練習するだけでは習得できません。
当コースでは、日本人トレーナーがご受講生の学習マネージメントをします。学習方法を細かく伝え、学習時間の捻出やモティベーションのUPなどもサポート。発音は、録音ファイルを添付で送っていただきチェックします。トレーナーとのやり取りはチャットシステムになりますので、ご自身の都合の良い時間をを最大限利用して学習できます。
以前中国語を勉強したことがありますが、それでも最初のレベルから受講が必要でしょうか。通年ではなく、期間を短くしての受講もできるのでしょうか。
当コースは、中級、上級の方も申し込まれます。開講時、ご受講ペースや学習を始めるレベルをご相談の上、進めていただきます。
例えば、基礎の発音を確認した後、レベル4(HSK4級相当)からスタートする、等です。ただし、1年間で完了するプログラムとなっておりますので、全カリキュラムを早めに修了された場合でも1年間の受講期間が短くなることはありません。残りの期間は段階に応じたサポートが継続されます。また、ご受講料金の値引きなどもございません。
忙しいので日々の学習時間を短くして、1年ではなく、2年くらいでじっくりできますか?
学習のペースはトレーナーと相談しながら進めることができます。サポートも2年目以降も延長することができます(有料)。実際のご受講生の中には、途中からペースを落として2年目以降も継続される方も多数いらっしゃいます。また、1年目に試験などの結果を出し、2年目はさらに会話力を磨かれる方もいます。
留学や転職を考えているのですが、対策はできますか?
はい、留学・転職対策も可能です。
中国語力が身につくと同時に、転職や留学などのビジョンが明確になります。オンラインテキストの中で、繰り返し目標設定を行ないますので、自信を持って学習を継続できます。
中国語はやりたいですが、将来のビジョンがあいまいです。
オンラインテキストの中でも目標設定を繰り返し行っていくので、ビジョンが明確になります。また、日々の学習により自分に自信が持てるようになるので、発想も豊かになります。もちろん、語学力の向上により可能性も広がります。受講を通じて、昇進、転職、起業、留学、結婚などに結びつく方がたくさんいらっしゃいます。
学生での受講は可能でしょうか。
当コースのカリキュラムは、中学生以上の中国語学習に合うように設計しています。
発音については「聞き流すだけ」などの耳からの音だけに頼らず、「口の動き」や「舌の使い方」などを論理的に説明しています。コースを始める時期は、論理的な説明を理解でき、耳や脳は成人ほど固まっていない高校生頃が良いかと考えております。
当コースでは学習時間の確保を初級レベルでは週7時間以上、上級レベルでは週10時間以上を推奨しております。学習時間が確保できれば、学生でもご受講可能です。学習時間がたくさん取れる場合は、短期間で高い効果が期待できます。
中国語検定も合格しますか?
毎回の課題をきちんとやることにより、HSKはもちろん、中国語検定にも十分合格するレベルになります。最終的にはHSK6級を目指すので、中国語検定なら準1級に合格するレベルになります。保証しているHSK4級は、中国語検定3級に相当します。
台湾語(繁体字)には対応していますか?
当コースで学習いただけるのは中国全土の標準語である「普通語」になります。
台湾でも通じますが、台湾中国語とは違います。また漢字も「簡体字」になります。

学習内容について

ネイティブ講師によるチェックがないと正しい発音ができるか不安です。
一般のネイティブ講師は発音の見本を見せることができますが、「初心者の日本人が苦手な音をどう改善するか」など、論理的な説明ができません。 当コースでは、オンラインテキストや講義の音声で、日本語で「口の形」や「音の音の出し方」を論理的に説明していきます。説明通りの発音を実践いただきながら、ネイティブ講師の音声を真似て練習いただくこと(シャドーイング)で、正しい発音を効果的に習得できます。
また、正しい中国語発音を習得したプロの日本人トレーナーが、発音チェックもしっかり行います。トレーナーは、自身の中国語学習と指導経験から「日本人が発音で苦労するポイント」を知り尽くしているので、ネイティブ講師が教えられない細かな改善方法をレクチャーできます。
シャドーイングについて教えてください。
シャドーイングとは、中国語の音声を聞きながら、ほぼ同時に自分もその内容を口に出していく学習法です。「フルーエント式シャドーイング」では、一般のシャドーイングに改良を加え、発音やスピーキング力、リーディング力を同時に磨いていく手法を取っています。使用する学習機材なども指定するので、効率がグンと上がります。
リスニングが苦手です。伸びますか。
フルーエント式のシャドーイング学習により、リスニング力も飛躍的に向上します。会話で最も重要なのは、リスニング力です。徹底的に磨いていきます。
今まで中国語会話スクールに通って伸びませんでした。会話力はつくのでしょうか。
週に1,2回、25分程度のネイティブ講師のレッスンを受けるだけでは、当然伸びるようにはなりません。単語や表現の暗記の時間、自分自身でスピーキングの練習をしてみる時間が必要です。フルーエントでは、講義と在宅学習の組み合わせで大きな成果を出します。
発音もうまくなりますか。
はい、上達します。基礎の発音から学んでいき、シャドーイングで定着させます。日本人のスピーカーとして十分なレベルまで引き上げます。

「バイリンガルコーチングについて

「バイリンガルコーチング」とは何ですか。
日本人トレーナーとネイティブ講師のチームティーチングの形態です。
日本人トレーナーが効率的な学習方法のレクチャーをし、在宅学習のサポートとマネージメントを行います。
ネイティブ講師は音声教材の中の見本がメインとなります。教材開発にもネイティブが携わっています。
一般的な中国語スクールでは中国人講師がメインになりますが、その方式では学習のサポートとマネージメントができません。
フルーエントでは、中国語学習のプロである日本人トレーナーのマンツーマン指導をサービスの柱とすることにより、大きな学習成果を出しています。
日本人トレーナーはどんな人ですか。
通信コースでは、フルーエント学長の三宅とチーフトレーナーの杉山が担当した講義を収録しています。マンツーマンサポートは、大人になってから中国語を習得した、学習経験が豊富なトレーナーが担当します。中国現地での経験が豊富で人格的にも優れたトレーナーが集結しています。

オンライン学習について

コースは全てオンラインで受講できますか?
はい。フルーエント通信コースは、オンライン(e-ラーニング)で受講いただけます。インターネット環境であれば、世界中どこでも好きな時に学習可能。会員サイトには、学習の進め方や操作方法、オンラインテキスト、講義の音声を集約しています。
お申込み後、事務局からメールで会員サイトの情報をお送りしますので、すぐに中国語の勉強をスタートできます。
1年間のトレーナーサポートに関しては、2ヶ月に1度(奇数月の上旬)の開講日のタイミングにスタートします。トレーナーサポート開始日までは、ご自身でオンライン学習を進めていただくと、後の学習スケジュールに余裕が生まれます。
(トレーナーサポート開始前でも、ご質問は受け付けています)
テキストは郵送で届きますか?
テキストやDVDなどの現物をお送りすることはございません。オリジナルテキストはオンラインで閲覧いただき、ダウンロード可能です。
外出時でも、インターネット環境であれば学習を進めていただけるシステムです。テキストは、必要な部分をプリントアウトいただくと効率的に学習を進められます。
オンライン学習ではパソコンが必要ですか?
パソコン、スマートフォン、タブレットで受講いただけます。最も快適に学習できるパソコンを推奨していますが、必ず必要ではありません。
スマートフォンの場合は小さい画面での学習になりますが、問題なくカリキュラムを進めていただけます。
講義の音声は、どんな内容ですか?
オンラインのオリジナルテキストで、学習の進め方やポイントなどを解説します。音声は、テキストを補足するもので、講義形式になっています。
各レベルに応じた中国語学習の解説はもちろん、学長の三宅裕之による「学習を継続するためコツ」や心理学を取り入れた「メンタル面のアドバイス」も含んでいます。中国語の目標設定、学習の集中力を高める環境づくり、心身のベストコンディンションを維持する方法なども伝授。テキスト+音声講義を受講いただくと、効率よく中国語を習得できます。
講義の音声は、全レベルで合計約21時間。例えばレベル1、基礎発音の説明では、発音の方法を「口の形」「舌の位置」「息の出し方」などを丁寧に解説しています。お手本のネイティブ音声に合わせて、発音トレーニングできる内容です。

使用教材、機材について

市販教材の費用はどのくらいですか?
レベル1~6ごとに、4,000円前後が目安となります。
ICレコーダーは必要ですか?
ICレコーダーは、学習効率アップのために強く推奨していますが、ご受講生の中にはスマートフォンの語学用アプリを使用している方もいらっしゃいます。
パソコンを使わずに受講される場合、教材の中国語音声を IC レコーダーに入れて学習することが難しいと思われます。その場合、ICレコーダーの用途がご自身の声を録音するのみになってしまいます。パソコンを使用しない場合は、ICレコーダーよりもスマートフォンのアプリでも良いかと思います。

マンツーマンサポートについて

トレーナーのサポートは1年間で終了ですか?延長はできますか?
日本人トレーナーのマンツーマンサポート期間は、1年間です。
2年目以降、サポートを延長することができます(有料)
ご受講生の例として、1年目の途中からペースを落として2年目以降も継続される方も多数いらっしゃいます。1年目に資格試験の結果を出し、2年目はさらに会話力を磨く、など。お仕事やご家庭に合わせて、学習ペースを調整しながら進めていただける講座です。
具体的なサポート内容を教えてください。
専任トレーナーはチャットシステムで学習サポートします。ご受講生から「学習報告」をいただき、これに返信します。学習報告は学習習慣を付けるためのもので、報告すること自体が目的ではありません。トレーナーはいただいた「学習報告」から学習の進捗状況を確認し、状況に応じた学習アドバイスをさせていただきます。(「学習報告」以外では「質問チャット」にて、学習方法や進め方などについてご質問いただくことも可能です。)
チャット以外に直接トレーナーとコミュニケーションをとる方法はありますか?
2ケ月に1回、オンライン通話を利用したコーチングを実施しております。
コーチングの内容を教えてください。
2ヶ月に1回、オンライン通話(スカイプまたはZOOM)を利用して日本人トレーナーがコーチングを行います。(個別コーチング:約20分、グループコーチング:約50分)
コーチングとは学習の内容や環境など学習を進める上で何か問題があれば一緒に解決方法を検討し共有することで、後の学習をスムーズに進められるよう行うものです。発音のチェックもして、どこに注意して練習するかを見極めます。
これが「学習コーチング」であり、いわゆる中国人講師とのオンライン会話レッスンとは目的も内容も違います。
コーチングは、学習習慣の確立が求められ、発音指導が重要なレベル1で1回実施いたします。レベル2以降も、基本的に2ヶ月に1回行っています。日程はトレーナーが候補日をご連絡するのでその中からご都合に合った日をお選びいただきます。
提出課題の頻度はどのくらいでしょうか。
月1回 課題の提出を受付け、これにフィードバックします。レベル1~4はご自身の発音を録音してチャットでお送りいただく「課題」があります。(発音チェック)
レベル5,6は作文が課題になります。これらに対してのフィードバックをいたします。
発音はどのようにチェックするのでしょうか。
各レベルで1度実施するオンラインコーチング内でも確認しますが、基本的には、提出課題の音声ファイルを提出いただき専任トレーナーがチェックする形となります。レベル1~4で計8回あります。(1ヶ月に1回)
普段の発音練習でもご自分の発音をICレコーダーなどに録音してお手本と聞き比べ、セルフチェックをしていただきます。
出張や休暇等のため長期で学習できない期間がある場合、その分、サポートは延長できますか。
延長はございません。ご出張中等の学習が難しい場合でも5分程度でも良いので学習を継続することをお勧めさせていただいています。事前にトレーナーにご連絡いただき、学習報告はお戻り後にまとめてご報告いただいてもかまいません。
来月開講のクラスに申込みたかったのですが、定員のため受付が終了してしまいました。2か月後の開講日まで待たなくては始められないのでしょうか。
次回以降のクラス会のお申込みの場合でも、お申し込み後(銀行振込の場合はご入金を確認後)メールで「オンライン学習システム」をご案内しますので、会員サイトにログインの上、ご自身で学習を開始いただくことは可能です。専任トレーナーによる本格的なサポートは、開講日以降となりますが、それまでに学習を進める上でご不明な点は、開講前でもご質問いただくことができます。
開講までに学習を進めた場合、開講時は途中から始めることはできますか。
はい、可能です。開講後、担当のトレーナーに学習を進めた箇所をお伝えください。その後の進め方は、柔軟に対応させていただきます。
トレーナーのサポート開始後も、学習ペースに関してご相談を承っています。例えば、最初は学習スケジュールに沿って進めていただき、途中で2週間に1回ペースにしたり、復習のために同じレベルを2回学習される方もいらっしゃいます。
学習ペースを変更した場合も、トレーナーのサポート期間は申し込み後から1年間になります。有料で延長も可能です。(各開講月ごとの情報提供は、年間で決められている学習スケジュールに沿って配信されます。)
開講日(トレーナーサポート開始)の前に、自主学習でカリキュラムを進めていただくと、後の学習スケジュールに余裕が生まれ、1年のトレーナーサポート期間を有効活用できます。
お申込み後、オンライン学習システムをご案内しますので、ぜひ先行して音声講義とオリジナルテキストでの学習をスタートしてください。トレーナーサポート開始前でも、学習を進める上でのご質問を受け付けています。
どうしても学習を進められなくなった場合、中途解約は可能ですか。
やむを得ず途中で学習を休みたい場合、休学の制度はございませんので、中途解約となります。解約の場合の返金額につきましては、お申込み時の受講規約の通りとなります。

海外でのご受講について

海外に住んでいるため、通信状況によりオンラインコーチングができるか不安です。他に発音をチェックする方法はありますか?
ご受講の環境によってオンラインコーチングは利用せず、チャットでのサポートだけを活用されているご受講生もいらっしゃいます。
海外より市販教材はどのように手に入れればよいでしょうか。
大変お手数ですが、日本在住の方に郵送いただくか、Amazonなどのサービスをご利用くださいませ。
(Amazon等のサービスご利用時、中国の通関に2ヶ月を要したケースがございました 。日本在住の方からお送りいただく方が、より確実に届いているようです)

なお、以下のような転送サービスもございますので、ご参考にしていただきますと幸いです。
転送コム http://www.tenso.com/jp/
(弊社より発送するオリジナルテキスト一式の荷物に、市販教材を同封することは致しかねます)

その他

分割払いはできますか。
12回払い・24回払いに対応しております。
※ご利用のクレジットカード、提携内容によって分割払いに対応できないケースも発生しています。
その場合、お手数おかけしますがカード会社様にご連絡いただくようお願いいたします。
以下のカードに関しては、分割払不可または事前登録が必要となっております。
・セゾンカード、ダイナースクラブ:分割払いには対応していません。
・アメックス:分割払いの事前登録が必要となります。
銀行振込による分割払いは、恐れ入りますがお受けしておりません。
分割払いでエラーメッセージが出ました
お支払い時にエラーメッセージが出た場合は、カードの契約内容や限度額に原因があることが考えられます。
大変恐れ入りますが、こちらは弊社で判断しかねる個人情報となります。
まずはカード会社様までお問い合わせをお願いしております。(連絡先はカード裏面をご覧ください)
カード会社様へ、以下を参考にご連絡くださいませ。
「○月○日にオンライン講座の支払い手続き中に、決済画面でエラーとなりました。その原因を教えてください。」
大変お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。
通学コースはありますか。
通学コースは行っておりません。以前開催しておりました通学コースの内容をリニューアルし、通信コースとしてサービスをご提供しています。
説明会の開催予定はありますか。
現在、コースの説明会としては開催しておりませんが、学長 三宅裕之によるオンラインセミナーを不定期で開催しております。その際、コースの説明もしておりますので、直接お聞きになりたい方はコチラからご確認ください。
領収書の発行は可能ですか。
可能です。お申込みフォームの備考欄、またはお申込後に、メールにて事務局までご連絡下さい。

フルーエントの教育理念・ミッション
~ コミュニケーションを通じてより豊かな世界を ~

自分と繋がり、他者と繋がることの相乗効果の図

人が自分と繋がり、他者と繋がることの相乗効果を作っていくことによって、
よりよい社会、世界、宇宙の創造に貢献します。

自分と繋がることとは、自分の心と体を愛し、真の自己実現をしていくこと。
他者と繋がることとは、他者を受け入れ、他者のハピネスのためにも
貢献していくこと。

その相乗効果から、さらに環境なども含め、地球全体、
宇宙全体の調和やハピネスに貢献していく。

最終的には、過去、未来を超えた全ての繋がりを実現していく。

上記の実現のために、コミュニケーション、語学、健康、などの
教育分野を通じて世界に貢献していくことをミッションとする。

フルーエントのロゴマークについて

フルーエントのロゴマーク画像

フルーエントのロゴマークは、
森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から二つに分類する、
古代中国の思想に端を発する陰陽論の図と、
Fluent(流れるような、流暢な)のFをモチーフにしました。

●と★は日本と中国を示し、グリーンの球は地球を意味しています。

圧倒的効率での美しい中国語力の習得、
そして、日中の友好、グローバルな人材交流、さらには地球の調和。

語学学習を超えて、人や国家、森羅万象の繋がりを作ることに
貢献していくことが私たちのミッションです

中国少数民族支援など教育サポート活動について

当社は、創業時より、利益の5%を途上国の識字率向上のための活動(学校・図書館建設・本の寄付など)を行っている
慈善団体に寄付しサポートしております。

受講生の方々のご理解とご協力によって、意義ある活動を支援できますことを、心より感謝しております。

支援先の中国少数民族の子供たち。中国少数民族の子供たちからのお手紙
【支援先】
  • 日本学生支援機構
  • 日本・雲南聯誼協会
  • 国境なき医師団
  • 日本ユニセフ協会
  • Room to Read
  • JEN など

「フルーエント中国語通信コース」へのお申込みはこちら

フルーエント中国語 e-ラーニング

※お申込み後のメールにて、オンライン学習システム(e-ラーニング)をご案内いたします。
DVDやテキストなどの現物をお送りすることはございません。

1年コース・期間限定
割引キャンペーン


定価378,000円(+消費税)をキャンペーン価格290,000円(+消費税)に。
定価378,000円(+消費税)をキャンペーン価格290,000円(+消費税)に

※各クラスの定員は30名です。ご先着順に締め切りとなります。

※専任トレーナーのマンツーマンサポートは奇数月に開始します。
先の日程のクラスをお申込の際は、備考欄にその旨ご記入ください。例)〇月クラス希望

ご受講を迷っている方はご利用ください。オンライン無料個別相談会

お問い合わせはこちら

コースに関するお問い合わせも受け付けています。
お問い合わせフォームにてお問い合わせください。